トイレの排水管の水漏れ対処方法

ウォシュレットで水漏れのトラブルが起きると、水が漏れている場所を特定するのがやっかいです。ウォシュレット以外のトイレより確認箇所が多いためで、排水管が原因なのかしっかりチェックしてください。老朽化であればトイレの交換が必要です。

■水漏れ箇所が排水管なのかを確認

ウォシュレットは機能が増えることで、水漏れリスクの箇所も増えるとされています。まず、止水栓か元栓を閉め、ウォシュレットの電源を切り、水が漏れている箇所を確認します。
タンク近くの排水管、ウォシュレットのノズル、コントローラーなど、各接続部分を目視で確認します。単に各接続部分の留め具のゆるみや、水道の流量、内部機器の故障が原因で水が漏れているケースもあります。

■排水管以外の老朽化で水漏れする場合

排水管や給水管で水漏れが確認できない場合、ウォシュレット本体の経年劣化により、水漏れが起きているケースがあります。ノズルやコントローラー、操作パネルなどの不具合が頻繁に起きるようであれば、耐用年数を迎えている可能性があります。
一般的なウォシュレットの寿命は10年とされているので、10年以上経過していれば、水漏れの原因は本体の老朽化も考えられます。10年以上経過しているなら、新しくトイレの交換をすることをおすすめします。

■まとめ
ウォシュレットは電化製品で最新型の多機能タイプであるほど、修理は複雑ですし、対応を間違うと感電事故を起こす危険性もあります。修理は業者に任せた方が安全で確実です。10年以上経過していれば、業者に依頼して必要ならトイレの交換をしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ