トイレの排水管の水漏れ原因と対処方法

トイレ 水漏れの箇所はトイレタンク内の配管、排水管などパイプ周辺に多いです。トイレ 水漏れが起きると床が水浸しになり、集合住宅であれば下の階に被害が及ぶこともあるので、早めに原因を突き止めて対処することが重要です。

■トイレの排水管の水漏れ原因

排水管や手洗い管などのパイプ類からの水漏れは、多くはパッキンなどのパーツの劣化、接合部分のナットが緩んでいることが原因です。たまに排水管や床が濡れているのに、どこからも水が漏れている形跡がないというケースがあります。
その場合はパイプやタンクが結露して、パイプを伝って床が濡れているという可能性があります。雨の日や冬の間、気温が下がる夜中は寒いトイレの中は結露ができやすいので、よく周囲を確認してください。

■トイレの排水管の水漏れ対処方法

パッキンなどのパーツの劣化が原因であれば、新しく部品を交換します。接合部分のナットの緩みが原因であれば、工具を使用してしっかり締め直します。結露がトイレ 水漏れの原因の場合は、結露吸収テープを結露しやすい場所に貼ります。
普段から結露を防止するために、冬の間や気温が下がる雨の日などは換気扇を回したり、ドアを開けたりして換気に務めます。トイレ 水漏れの原因が排水管だと分かっても、自分で対処できない場合は業者に連絡してください。


■まとめ
トイレ 水漏れの原因はタンクや便器本体の他、床下にある排水管にトラブルがあるケースもあります。自分で対処や修理できないケースも多く修理に時間もかかるので、無理をせずに業者に連絡した方が確実で安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ