キッチンの排水管の水漏れ原因と対処法

キッチンの床に水漏れが発生していたら、流し台の下や棚を確認します。キッチンの水漏れで多いのは、排水管や排水口などの排水関連部分です。水漏れを放置していると、湿気により流し台の下にカビが発生し、腐食が進み、流し台本体の取替えが必要になることもあります。

■水漏れ原因の多くは流し台の下の排水管

考えられるのは流し台の排水口のパッキンの経年劣化や、流し台の下にある排水管のつなぎ目の緩みなどです。もっとも多いのが排水口のパッキンの劣化で、ゴムが古くなったり、サビたりして水漏れが起きます。そのため最初に排水関連の接続部分とパッキンをチェックします。
他にも排水管やホースが損傷し穴が開いていたり、排水管と床の接合部分から水が逆流して水が漏れるケースがあります。この場合は排水管のどこかが詰まっている可能性があります。

■キッチンの排水管の水漏れ対処法

流し台の下の水漏れ箇所を確認するには、少量の水を流してみます。業者に依頼する場合も場所は特定できた方が修理は早くできます。流し台の排水口のパッキンが原因なら、流し台の下にある排水溝の留め具を外し、排水口を取り出して新しいパッキンに交換します。
排水管や蛇口自体を取り換えるのは初心者には難しく、モンキーレンチやハンマーなど工具も必要です。自分で修理する場合は錆び付いたナットやボルトを破損させないように、細心の注意を払う必要があります。自分で外すのが無理な場合は業者に連絡しましょう。

■まとめ
キッチンの耐用年数は10年から15年とされています。10年以上経過しているなら、排水管だけでなく、流し台本体も寿命が来ている場合があります。頻繁に水漏れが起きるなら、パーツを交換するよりも、新しく流し台本体を交換した方が良いケースもあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ